住宅のメンテナンス時期

015住宅のメンテナンスは築後何年ぐらいで行うべきでしょうか?

長持ちという視点で考えた場合、一般的に築後10年でメンテナンスするのが良いといわれています。

10年ぐらいの年数が経過したら、メンテナンスと一緒にリフォームを考えるのがおすすめというわけです。

実際、住宅は長く暮らしていると色々な不具合が出てきます。

キッチンが使いにくかったり、洗濯機の置き場所が不便だったりと住んでみてから気付くことが結構あります。

また子供が生まれたり、両親と同居を始めたりで住宅全体の間取りが足りなくなったりすることも出てきます。

それ以外にも住宅設備の故障や不具合、屋根や外壁の塗装などが剥げたりもします。

■業者の選び方

0-67リフォームを考えた場合、とても重要なのが業者の選び方です。

じっくりと相談に乗ってくれて、的確なアドバイスと丁寧で巧みな施工をしてくれる業者を選ぶ必要があります。

そのためには実績のある業者を選ぶのがポイントで、実際に施工した家を見学させてくれるところなら信用できます。

こちらの希望を一々反故にしたり、施工例を見せてくれないようなリフォーム業者は避けてください。

しかし、あなたは良い業者かどうかを見抜ける自信はあるでしょうか?

よほどその道に詳しい人でなければ、一般人では良い業者かどうか見抜くことは難しいはず。

そこで、そのような時に便利なのが、ホームプロです。

ここは優良なリフォーム業者を紹介してくれるサイトです。厳しい審査を通過した業者だけを紹介してくれますし、施主による業者の評価も公開されているのでとても参考になります。

また無料で工事完成保障をしてくれるので、とても安心できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ